老化依存的な卵子の染色体数異常の原因

北島 智也

生命機能科学研究センター(BDR)
染色体分配研究チーム
チームリーダー

mail:tomoya.kitajima@riken.jp
Kitajima

卵子の染色体数異常は、流産や、ダウン症などの先天性疾患の主要な原因です。染色体数異常は卵母細胞の減数分裂における染色体分配エラーによって引き起こされ、その頻度は母体年齢とともに上昇します。しかしながら、老化がどのように染色体分配エラーを起こしやすくするのかは、明らかになっていません。私たちは、マウスをモデルとして用い、卵母細胞の減数分裂における染色体分配の正確性に関わる細胞内因子およびその分子機構を同定します。また、自然老化マウスから得た卵母細胞を用いることで、どのように母体老化が細胞内因子およびその分子機構に影響することで、染色体分配エラーが起こりやすくなるのかを明らかにします。これらの研究は、卵子の染色体数異常の原因について詳細な理解を与えるとともに、生殖医療分野における研究開発の基盤的知見を提供します。

トップへ戻る