翻訳異常に着目した神経細胞の老化機構の解明

田中 元雅

脳神経科学研究センター(CBS)
タンパク質構造疾患研究チーム
チームリーダー

mail:motomasa.tanaka(at)riken.jp
Tanaka

高齢化社会を迎えた現在、細胞老化の分子機構および老化に関連する認知症の病態解明は重要な研究課題である。また、認知症を含む多くの神経変性疾患は中高年以降で発症するため、細胞老化がこれら疾患の発症機序に関与することも指摘されている。一方で、これら神経変性疾患および老化した神経細胞では、翻訳異常が生じていることが示唆されている。しかし、技術的な制約もあり、神経細胞の老化、神経変性疾患の発症、翻訳異常の相関の詳細はこれまで十分に理解されていない。本研究では、老化したマウスや神経変性疾患モデルマウスを用いて翻訳異常を解析するための技術基盤を確立し、神経細胞の老化および神経変性疾患発症の分子メカニズムの解明を目指す。

トップへ戻る