細胞老化/代謝の構造生物学

白水 美香子

生命機能科学研究センター(BDR)
タンパク質機能・構造研究チーム
チームリーダー

mail:mikako.shirouzu(at)riken.jp
Shirouzu

さまざまな代謝物や脂質が、タンパク質の活性や翻訳後修飾を制御することで細胞老化経路に関わっていることが知られている。そこで、代謝物や脂質等を共存させた膜タンパク質や酵素の無細胞合成系・再構成系を開発し、老化に関わるタンパク質の分子・原子レベルでの理解と制御を目指す。さらに、X線結晶構造解析、クライオ電子顕微鏡法、計算科学などの統合的な技術基盤を用いて、小胞体ストレス応答に関わる分子複合体、ミトコンドリアに局在する膜タンパク質、本プロジェクト内で新たに発見される代謝物とその標的タンパク質の複合体等の構造解析を行う。また、立体構造に基づく計算科学的分子設計手法を用いて、アルツハイマー病の治療を目指したヒトグルタミニルシクラーゼ阻害剤探索のような、老化・神経変性疾患に関わるタンパク質を標的とした薬剤探索を目指す。

トップへ戻る