加齢性疾患における2型自然リンパ球の役割

茂呂和世

生命医科学研究センター(IMS)
自然免疫システム研究チーム
チームリーダー

mail:kazuyo.moro(at)riken.jp
Moro

近年、抗原非依存的に働く新しいリンパ球の存在が明らかになり、自然リンパ球( innate lymphoid cells :ILCs)と呼ばれるようになってきた。T細胞やB細胞とは異なり、すべてのILCsは抗原認識受容体を発現せず、周囲環境に存在するサイトカインや脂質、ホルモン、神経ペプチドなどによって活性化する。ILCsは3つのサブセットに分類され、ILC1、ILC3、そして我々が2010年に発見したILC2と呼ばれている。ILC2は脂肪組織や肺、腸管、皮膚、血液など、様々な末梢組織に存在し、IL-25やIL-33の刺激によって極めて高い2型サイトカイン(IL-5、IL-13)を産生する。これまでにILC2は喘息やアトピーなどのアレルギー、肥満に起因する代謝疾患など、様々な2型免疫疾患で重要な役割を果たすことが報告されている。

本プロジェクトでは、加齢性に発症する喘息や、メタボリックリンドローム、また肺線維症などの加齢性疾患におけるILC2の役割を明らかにする。

トップへ戻る