加齢によるTリンパ球分化環境変化機序の解明

谷内 一郎

生命医科学研究センター(IMS)
免疫転写制御研究チーム
チームリーダー

Taniuchi

老化に伴い免疫能が低下し、易感染性や軽微な慢性炎症を来す現象は免疫老化とよばれ、恒常性維持の破綻に繋がる。免疫老化の実体は良く解っていないのは実情であるが、免疫系構成細胞の分画や機能変化が関与することは間違いない。胸腺はTリンパ球の産生を支持することを唯一の役割とする臓器であるが、加齢と共に退縮することは古くから知られており、T細胞産生支持能の低下に伴うT細胞レパトアの変化が免疫老化にも関係すると考えられてきた。最近の研究により胸腺内に定住する前駆細胞(胸腺定住前駆細胞)が長期に渡りT細胞産生を担っていることが示唆されている。また、これまでにパラビオーシス(並体結合)実験により液性因子を介して幹細胞/前駆細胞の幼若可が起こることが示されているが、その作用点は明らかではなく、特に幹細胞/前駆細胞を支持する微小環境からの視点からの研究は欠如している。本研究では胸腺定住前駆細胞を維持する胸腺微小環境の実体を解明し、加齢及び慢性炎症が胸腺微小環境にどのような変化を誘導し、Tリンパ球プールの恒常性の維持にどのように影響するか解明することで、加齢による免疫系機能障害の予防に有用な知見を与えることを目的とする。

トップへ戻る