発生や老化における母性因子の役割

濱田 博司

生命機能科学研究センター(BDR)
個体パターニング研究チーム
チームリーダー

mail:hiroshi.hamada(at)riken.jp
Hamada

卵細胞に発現する母性因子は、胚発生のみならず、出生後の個体の成長にも大きな影響を及ぼします。しかし、母性因子が老化に伴いどのように変化し、生殖細胞の老化に影響するかは不明です。私たちは、マウスの卵細胞とそれを支える顆粒膜細胞に注目し、これらの細胞の老化に伴い発現が変化する因子(とくにエピジェネティクスを制御する因子)を探索します。同定された母性因子について、遺伝子改変マウスなどを用いて、胚発生〜出生後の成長〜老化における役割を調べます。このような研究によって、母体の老化が子供に与える影響を明らかにします。

トップへ戻る